アイデアのことならトミーズクリエイション

アイデア理論ワークショップ

アイデア理論を元に、誰でもワーク(演習)により簡単に楽しく眠気フリーでアイデア理論を習得・活用できるように開発したコンテンツがアイデア理論ワークショップです。どなたでも参加できるオープンワークショップや企業さまや公的機関・団体さまと連携したワークショップの開催も可能です。参加人数は、6名から30名を推奨させていただいています。ワークショップ時間やテーマについては、ご相談に応じてカスタマイズ可能です。詳しくは、お問い合わせてください。

アイデア理論とは

アイデア理論は、財団代表理事の福井直樹が発見した【アイデアは分解することができる】と言うアイデア分解の法則と、脳科学による脳の認知・理解の研究結果を基礎に、人の思考や行動に関わる様々な研究や実証結果を比較・検証しながら独自の研究と実証を進め、その研究成果を、従来は、バラバラに定義されたいた、例えば、アイデアとは何か、アイデア発想方法、アイデアの理解や説明手法、イノベーションアイデアと何か?等々を法則的・統一的に、筋道をつけて理論として組み立てたものがアイデア理論です。アイデア理論を学んでいただくことより、【偶然の産物】・【アイデアマンと言う才能のある人だけのモノ】と言う誤解を解き、アイデアは【必要な時に出せる(再現性)】・【誰にでもアイデアをカタチ(可視化)にできる】ことに気づいていただけます。

アイデア理論ワークショップとは

アイデア理論を元に、誰でもワーク(演習)により簡単に楽しくアイデア理論を習得・活用できるように開発したコンテンツがアイデア理論ワークショップです。 アイデア理論ワークショップを受講していただくことにより、プライベートからビジネスまで、新しいアイデアから課題・問題解決アイデアまで、経営者から自営業、起業希望者の方まで、様々なテーマに幅広く活用可能な理論と手法とツールを得ることができます。特にワークショップの中では、自分が本当に【やりたいこと・やりたくないこと】を明確に可視化でき、さらに具体的に【やりたいこと】を実行するためのアイデアと、そのアイデアを実現・実行するためのアクションプランを1枚のシートで構築して可視化することができるので、ワークショップ終了後には、具体的にアイデアを実現したいと思う強い実行力も得て、さらに実現までその思いを維持継続する手法を得ることもできます。ワークショップを受講されて、アイデア理論を活用された方の中には、事業や経営を改善された方、本当に自分のやりたいお店のカタチを見つけた方、資格試験に合格された方、今までにないブルーオーシャンな商品・サービスアイデアを思いついた方などがいます。代表の日野は、趣味であるマラソンやトライアスロンの練習や記録更新の為にアイデア理論を活用し、3年前は5時間30分だったマラソンの記録を2016年2月の沖縄マラソンでサブ4(3時間51分)達成し、また、2016年4月の宮古島トライアスロンを11時間45分で完走しました。

ワークショップ内容と効果

新サービス、事業プランを検討したい、自身の仕事モチベーションや、ライフプラン、今後の取り組みのアイデアを考えたい方をはじめ、アイデアに興味がある方全てにおすすめです。 アイデア理論を活用して、「じぶんの本当にやりたいこと」を見える化することが可能です。アイデア理論を短時間で習得することできるアイデア理論ワークショップは、今まで一般的だった企画術& 連想法とは全く異なった、脳科学から導き出された先駆的なアイデア構築フレームワークです。誰でも アイデアを理解できるメソッド「アイデア分解」、まるでゲームのように楽しい「ひらめきダイス 」、ご自身の欲求を見える化する「欲求カード」でデザインされたワークで、 受講後即日、職場の現場やご自身で実践活用いただけるアイデアシートを作成することが出来ます。お一人お一人の参加者が主役として楽しく、能動的に取り組めるアクティ ブ・ラーニング方式のワークです。このワークで「自分の可能性の素晴らしさ」に出会えること、アイデアを具体的に実現できることを目指します。

<< 前のページに戻る

↑ PAGE TOP